日本の中小企業は、もっと世界にインパクトを

御社の技術製品やサービスを、世界中で利用してもらいたい。それをより手軽に、かつ堅実に達成するための会社がアミューザです。

アミューザは、アドバイスを提供するだけではなく、経験と実学から実践力を持って御社の製品やサービスを世界で役立つようにしていきます。私共のビジネスは、中小メーカーのための新しい形の「現地法人代行」事業です。アミューザで培い続ける経験を御社の製品に生かし、販売を短時間で伸ばすことが可能です。

技術的な製品は、ユーザーサポートから。

製品を利用するのに、技術的知識が必要になる場合は、ユーザーのサポートを最優先する必要があります。サポートに時差は大きな障害です。言葉のニュアンスも大いにサポートの質に影響します。サポートの良し悪しが、お客様の満足度を決定し、その後の評判に多大に影響します。現地でのサポートを一定レベルに上げることが必須です。

駐在員、現地雇用?

サポート体制や営業活動を考えると、まずは、現地での雇用もしくは駐在員の配置を考えます。異なる文化において雇用することには慎重にならざろうえません。駐在員の配置が理にかなっているかもしれません。

さて、その駐在員、何年で日本に戻せますか?後任は育ちますか?代わりに現地でマネージャークラスを雇用しますか?その方に信頼を持てますか?海外の現地法人の開設には、創業当時と同じくらいの試練が待ち受けています。文化的背景が違うので、もしかするとそれ以上かもしれません。でもアミューザにお任せください。

現地法人代行

現地法人を開設すると、法務、税務、人事、保険、人材育成 etc.とありとあらゆる、いわゆるマネージメントを誰かがしなくてはなりません。本来の営業とサポートに手が回らなくなるという問題も出てきます。しかし、これらの多くは、マネージャー1人に対して、3人の従業員と10人の従業員ではさほど手間は変わりません。

そこで誕生したのが、アミューザの「現地法人代行」サービスです。アミューザは日本の中小企業に代わって、技術サポートとセールス活動をアメリカやヨーロッパで展開します。アミューザは2013年にカリフォルニア州サンディエゴで発足した会社です。トップは現地のマネージメントに長年の経験がある日本人です。そこで培ったノウハウを御社の製品やサービスに適用します。

専属担当者

米国内で御社の製品の専属担当者をアミューザが現地雇用します。この担当者には、御社にて技術トレーニングをうけ、さらに営業としてのトレーニングをアミューザにて行います。御社の製品専用の電話番号、メールアドレス、名刺などをそろえることができ、法人格以外は、現地子会社と等しい体制を敷くことができます。この担当者が製品の説明、デモ、そして現地でのサポートをしていきます。御社とのやり取りは、社内にいる日本語ができる担当者を中継することも可能です。

マーケティングの実行

一方で、このような担当者がいても、すぐには売れ行きがあがらないとの懸念もあるかもしれません。そこで、もう一つ提供できるサービスが、マーケティングサービスです。マーケティングの概念は人さまざまですが、商談を発生させ、増やしていく道筋をつける必要があります。アメリカもヨーロッパも広大な地域にお客様が散らばっています。そこで、どう商談を起こし、獲得していくのかは、日本国内以上に難しいと言えます。「良い製品だから売れる」というのは必ずしも正しいとは言えません。御社の良い製品やサービスにアミューザが提供できる;セールス、マーケティング、サポートそしてロジスティックスの 1+4 が力を合わせて売れ行きが伸びていきます。

さらに、御社のブランドを欧米に広めて確立していくことが重要です。アミューザの名前で売れるとなっても、御社のブランドが欧米に根付かなければ、メーカーとしての長期的成功は難しいからです。アミューザではデジタルマーケティングと展示会を主軸に御社のブランドを大切にしてマーケティング活動をプランし、実行していきます。

ビジネスは文化の一部です。どのようなマーケティングを施していくかは、現地の文化と御社の文化を総合的に鑑みて決定していきます。海の向こうを予測して、なんとなく行うマーケティングと現地のインダストリーを理解してのマーケティングでは、結果が異なってきます。もちろん文化の違いはマーケティングにおいて障害です。だからこそ、ネイティブスピーカーと現地での長年の経験が必要となります。